新体道武道天空会

新体道

このページでは新体道について紹介します。


総合武道から新体道へ
   
  青木は当初、「
総合武道連盟」という名称の団体を立ち上げた。これ
 は青木が創始した体技の中に、「空 手」・「柔 術」・「棒術」・「杖
 術」・「剣術」・「各種健康法」・「能力開 発法」・ 「瞑想法」等、
 あらゆる武術とその稽古・開発法などが入っているためであった。
  しかし、後に「体」を通して人生の哲理を学ぶ「新」しく拓かれた「
 道」であるとして「
新体道」とし、その団体名称を「新体道協会」とし
 た。名称は変わったが上記の武術や各種開発法は現在も稽古している。

  

新しい体技を創り上げるために青木が目指したもの
   
  1.どんな細部にまでも武道的限定条件(死を直視するという意味で)
    が満たされている武道。
  2.母体である大地にしっかりと根ざしている(日本の風土の中から生
    まれたという意味で)武道。
  3.芸術の巨匠の作品や世界の文学に匹敵するような、全世界の人々に
    語りかけるだけの力のある武道。
  4.全世界の人々が相手を認め合い受容し合いながら、協調し合ってゆ
    こうという、広い視野をもった世界人を養成できる明るい武道、そ
    ういう思想を育ててくれる武道。

新体道の稽古体系
   
   上記の結果創り上げられたのが、「
天真五相」と「栄光」の大基本で
  あり、そこに「
瞑想組手」が加わって稽古体系の基本をなしている。最
  近では、各種「瞑想法」や「
大妙」も加えられて稽古されている。

         

新体道とは
   
  新体道は体技を通して、「
体を開放し心を解放することにより、本来
 あっ
たであろう自分自身にかえり、天地人々ワレ一体となって心身とも
 に健康体
となり、世界に愛と平和をもたらすこと
」を目指す。
  
  しかし、新体道はその膨大な稽古体系・開発法を含んでおり、一言で新
 体道を言い表すことは難しい。下記に「NPO新体道」の公式な見解を引用
 する。

 新体道とは
  一、新体道は健康なハツラツ人生に向かってわれわれの自己開発を約束
    するものである。
  一、新体道はわれわれの心とからだに自然を呼び起こし、宇宙意識を体
    感させる体技である。
  一、新体道は総合武道としての体系のもとでわれわれの心身の解放、真
    の自己の発見、霊性の開発、魂の浄化を志向するものである。
  一、新体道はわれわれを心身一如、自他一如により、天・地・人々・ワ
    レ一体のいのちの広がりへと導くものである。
  一、新体道は新鮮な明るさと積極さをもって、われわれに愛と平和に満
    ちた美しい生き方を見出させるものである。

他の修行法への影響
   
   新体道の稽古体系にはないが、青木は新たな「滝行」を創始し実行して
 きた。この滝行は、行者が滝の「真ん中(中心)」に入って行をするとい
 う、他の滝行にはない非常に厳しいものである。滝の中心は水量が一番多
 いため、本来の自分自身への覚醒が一番早い
ためである。
  

トップページへ戻る


このホームページに関するご意見やご感想は天空会代表者までお願いします。

Copyright (c) 2009, Tadafusa Sakakibara All Rights Reserved.