新体道武道天空会

天空会

このページでは、天空会の考え方や稽古内容・方法などについて紹介します。


天空会と新体道協会の関係
   

   
天空会は、NPO新体道(新体道協会)の公認サークルです。
  

天空会の代表者
   

   
天空会の代表者は、榊原忠房(新体道本科正指導員、新体道空手三
 段)です。詳しくは「天空会代表者」をご覧ください。

天空会の目的
   

  第一に「
心身の健康」です。稽古で日常生活のストレスを解消するこ
    とにより病気やケガを事前に防止し、健康体を維持し、そしてさ
    らに頑健になることです。稽古の内容もこのことを第一として組
    み立てられています(新体道の稽古は強力な
有酸素運動ですから
    、確実に余分な脂肪がとれて
痩身に役立ちます)。
  第二に
体技の習得と向上です。天空会はあくまでも武道サークルです
    から武術の修得を目的とします。
  第三に
コミュニケーション能力の習得と向上です。人は大自然に囲ま
    れ、多くの人々とかかわりあって生きています。それらのすべて
    の事物や人々とコミュニケーションがとれたらどれほど素晴らし
    いことでしょう。

天空会の稽古
   

  天空会は主に新体道空手を稽古しますが、新体道本科やその養気系の
 稽古も行います。新体道では、持っているエネルギーを外に向かってどん
 どん出していく開放系の稽古を多くやりますが、持っているエネルギーを
 体の中で緩やかに(時には激しく)循環させながらどんどん増幅させてい
 く
養気系の稽古もあります。特に、激しく疲れている時や、強いストレス
 が続いている時は養気系の稽古がいいですね。
新体道空手 新体道本科
養気系の稽古 開放系の稽古

稽古のやり方
   
  天空会の稽古は、まず「天真柔操」といういわゆる準備運動を約30分
 かけて充分におこないます。この運動は、頭のてっぺんから足の爪先にか
 けて充分にほぐしてゆるめ、日常生活の凝りや固まりを取り去ることによ
 り筋肉や関節を伸ばし、体全体の伸縮性を高めます。そして、これからの
 稽古に向けて体全体を目覚めさせます。次に、「
心身開発体操」をおこな
 います。当日の参加者や稽古内容にもよりますが、10分から20分おこ
 ないます。これはジャンプをしたり腰を前後に動かすことにより移動した
 り、また飛び上がったり連続蹴りをしたりして、心身を鍛えると同時に心
 身を解放していきます。日常性から確実に開放される稽古です。
  そして、受け技、突き技、蹴り技などの「
基本技」を稽古し、「型や組
 
」の稽古に入っていきます。全体で、1時間45分から50分の稽古に
 なります。

初心者大歓迎
   

  天空会では、年齢、性別、経験を問わず誰でも稽古できます。現在でも
 20代から60代までの方が稽古しています。女性も大勢います。
   また、初心者から経験者までいろいろな方々が稽古しています。特に
 「
初心者大歓迎」ですので、是非気軽に連絡ください。そしていらしてく
 ださい。

初心者大歓迎

トップページへ戻る


このホームページに関するご意見やご感想は天空会代表者までお願いします。

Copyright (c) 2009, Tadafusa Sakakibara All Rights Reserved.